近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

【PROJECT M】~身体測定~

  • 2011年4月13日
  • 日常
  • 2人訪問ありがとうございます
  • 8件

カーボンパイプの説明が終わり、続いて健康診断・・・じゃなく身体測定。(笑)

身長、股下を測定、右腕の長さ、左腕の長さ、最後に肩幅を測定します。体重は自己申告。一応58kgと申告しておきました。

私の身体測定が終わった後はバイクの身体測定です。事前に松永氏よりフレームだけ持って来てくれたら良いという事でホイールはお店のホイールを借りました。私のフレーム“2006年製LOOK585”のカタログスケルトンを見ながら、実際にフレームの寸法を測定して行きます。ステムの長さ、サドル高さなども測定していきます。何度も何度も確認するように繰り返し測定されてました。

そして次は問診ですね。自転車暦に始まり、今回のフレームの使用用途(ロードレース用、ロングライド用、ヒルクライム用etc)、フレームの希望形状(スローピング、ホリゾンタル)、フォークの希望形状(ストレート、ベント)と希望のコラムサイズ、これまで乗ってきた自転車、今の自転車で不満な事、今のポジションで何年(何ヶ月)乗っているか、月間走行距離、年間走行距離、普段の走り方(練習走行がメイン?、ローラー練習がメイン?、ツーリングがメイン?)、一人で走る時と数人で走る時の割合、平地でのケイデンス、登りでのケイデンスなどなどまだまだ聞かれましたが、松永氏ひとつひとつの質問にうなずきながらメモされてました。

一通り測定と問診が終わり、松永氏が「ハイ、これで大丈夫、設計出来ます。」
 

LOOK号を測定中の松永氏

日常最新記事4件