富士山ヒルクライムレポート②

富士山ヒルクライムレポート②

決戦当日~雨中の激走編~


朝4時30分に起床。昨日は10時に寝たため、目覚めもスッキりです。とりあえず期待はせずに部屋のカーテンをめくり窓の外を覗いてみます。やっぱり雨です。。。けどドシャ降りじゃないのがせめてもの救い?

テンション下がったまま、朝食のおにぎりを食べ、出発の準備をします。レーパン、半袖ジャージにアームウォーマー、後、少しでも雨を弾くようにスポーツバルムを手足に塗りたくりました。後忘れてならないレインコート(出来れば使いたくなかったです。)5時30分、ロビーへ降りていくと何人か集まっていましたが皆テンション低めです。

とりあえずスタート地点となる北麓公園へ向けて出発します。昨日同様に女性陣もいるためゆっくり登ります。(多少のアップにはなったかも。)公園に着いてまずは5合目まで運んでもらう荷物を預け、これでスタートまではフリータイムです。この時点で6時過ぎ、スタートまでまだ1時間あります。さぁ、どうしようか?と思っていたらRumikoさん発見!

“おはようございます!さすがはRumikoさん、絶好の自転車日和ですね~”

カメラは既に荷物と一緒に預けたのでケータイのカメラで記念撮影!

6時現在で公園の気温は確か14℃だったかな、ということは5合目は10℃以下やないの!最高予想気温30℃って言っていたあの天気予報は何やったん?メチャ寒ですよ。マジで。走るの嫌になります。多分この雨と寒さでDNSの人も結構いたと思います。

去年もそうでしたが、十分なアップも中々出来ないまま、集合場所へ行くことにしました。結局アップらしいアップは出来ず、集合場所で屈伸やら、ストレッチをやったくらいです。

スタートはアスリートクラスから女子MTB/ロード、男子MTBと続き、男子ロードは年齢上位の方からスタートです。私のクラス(40~44歳)は7時20分スタートです。

いよいよスタートです。何と私のクラスであの今中さん、ゲストの片山右京さん、鶴見信吾さんが一緒に走るそうです。去年やまさんが今中さんと一緒に走りカッコいい写真を撮ってもらっていたので、今年はオレかぁ?何て思いながらスタート地点へ移動。650名の大集団のスタートです。

公園をスタートして富士スバルラインの交差点まではパレード走行ということでゆっくりスタートのはずですが、皆けっこうスピード出してますね。私も徐々にペースを上げて行きます。ここでRumikoさんと同じチームのvanbooさんが前を走っておられたので挨拶を。そうこうしているうちにスバルラインに入り、計測開始のマットを通過!“ピッ!”いよいよ本当にスタートです。

今回の私の目標タイムは1時間20分です。このタイムの根拠はtadahisaさん、Rumikoさんに抜かれない時間です。私の緻密な?計算によるとお二人の予想タイムは1時間10分。tadahisaさんより10分、Rumikoさんより15分先にスタートする私がお二人に抜かれないためには1時間20分で走れば大丈夫かと思い、このタイムとなった訳です。

スタートしてまずはガンガン追い抜いて行きます。アップも十分でないのですが、気にせずガンガン行きます。去年と同じでコース上にはいっぱい選手がおり、“右抜きま~す”、“左抜きま~す”って感じで追い抜いて行きます。最初の5kmは脚もまだ出来ておらず、また去年はそうは思わなかったのですが、結構キツイ傾斜もあり、思うように脚が回りません。1合目の目標通過タイムが18分40秒に対し、21分くらいだったと思います。“あかん!最初から3分も遅れてるやん!”

おまけに悲劇?がま~し~を襲うのでした。1合目を過ぎた頃だったと思いますが、寒さの影響か、アップ不十分のままガンガン行き過ぎたのかわかりませんが、右足ふくらはぎがピクピクと痙攣し、攣ってしまいました。いつもなら自転車を降りてストレッチなどをするのですが、今日はレースです。止まらずスピードを12km/hくらいまで落とし、右手で右足のふくらはぎを叩いたり、揉み解したりしながら、回復を待ちます。

思わず“スポ根ドラマしてるなぁ~”って思いましたよ。(笑)

やがて脚も痛みがなくなり、また斜度もゆるくなって来たため遅れた分を取り返すためペースを上げて行きます。目標の1時間20分で走るためには平均で18km/hで走らなければいけません。脚も暖まってきていい感じで走れるのですが、18km/hをキープするのは結構難しいです。こういう時は自分のペースより少し速い人を見つけ曳いてもらえば良いのですが、いっぱい人はおりますが、中々うまい具合に見つかりません。結局は1人で頑張るしか仕方がないようで。

2合目、3合目と過ぎ、ペースは相変わらず目標に対して2~3分遅れです。後半のヘタレを考えれば1時間25分前後か?

まずい!tadahisaさんとRumikoさんの恐怖が後ろから迫ってきます。

4合目手前くらいだったと思いますが、後ろから追抜いて行くLOOK585に乗った方、良い感じの速さです。これだ!と思いました。“同じLOOK585だし、引っ張ってぇ~”って感じで付いて行きます。20~22km/hのベストな曳きです。必死に付いて行きます。しばらく並走させて頂き、お互いチラチラと意識しながら走ります。そのまま19km地点にある山岳ポイントを通過。最後の8%の区間です。やや速度は落ちたものの、良い感じでLOOK585の方は登って行きます。けど私はもう限界、さよなら~です。再び1人旅に。

1人になると背後に迫るtadahisaさんとRumikoさんの影が気になります。抜かれるとしたらそろそろのはず。後ろを数回確認しましたがまだ大丈夫みたいです。

山岳ポイント区間を通過しゴール手前まで続くフラット区間に突入!最後の力を振り絞って脚を回す、回す、回す。今度は左脚が攣りそうです。「FINISH」が見えてきたら最後に“いじめ”の激坂が待ってます。左脚も攣りかけ寸前でもうダンシングも出来ません。結局最後はシッティングでゴール!

タイム1時間21分34秒

最後はヘタレずに頑張れたかな?目標の1時間20分には及びませんでしたが、去年逃したブロンズステッカーをゲット!

けど何より嬉しかったのはtadahisaさん、Rumikoさんに抜かれずに済んだことです。(笑)
こうして2度目の富士山ヒルクライムは終了!

タイム 1時間21分34秒(大会公式記録)
順位  46位(ロード40~44歳)

注)エントリーは650名ほどですが、実際に走った人数はまだ発表されてません。
総合順位もまだ発表されてません。この後、下山編へつづく予定。

レースカテゴリの最新記事