近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

エタップ・デュ・ツール参戦記2016~アラビス峠~

ようやくスタートしたものの、本当のスタート地点(一昨日の記事の最後の写真)までは2kmくらいはあったような・・・ゲートの前で一旦停止し、セレモニー?(フランス語なので何言っているのやらさっぱり分かりませんが)の後、定刻通り8時52分にやっとスタート。
 
最初は下り基調という事もあって、いきなり皆さん飛ばす!、飛ばす!楽々と40km/hオーバー。いくら下りでも最初からちょっとペース速くない?と思いましたが、制限時間のこともあるので同じペースで走ります。
 

短いアップダウンを2回ほどクリアして最初の峠、アラビス峠への本格的な登りが始まります。アラビス峠までは約6.7km、平均斜度で7%、標高1487mまで登ります。ツールでいうところの2級山岳になります。 登りの手前に最初の給水所(食べ物はなし)がありましたが、まだボトルは2個とも量は十分だったので止まらずにパス。前日にアラビス峠を走ったやまさん情報では、それほど速度を上げなければキツくはないそうですが、制限時間に少しでも余裕を持たしたいので最初の峠からイケイケです。と言っても遅いですけどね。(笑)
 

やまさんの話では峠の1kmくらい手前からはモンブランの絶景が拝めるそうです。それを期待して必死に登ります。確かに登りの後半は周囲の山々がとても美しく、日本ではまず見ることが出来ない絶景に感動しながらのライドでした。ただこの頃はまだ止まって写真を撮る余裕が無かった事を帰国してから少し後悔。


スタート直後という事もありまだまだ元気です。確かにそれほどキツくも無く、順調にアラビス峠に到着。制限時間より約30分余裕があったと思います。峠で写真を撮りながら日本から持ってきたスティック羊羹を2本食べ、予防で“ツーラン”を水で流し込んで早々に出発。
 
 
しばらくは下りですが、下りは前回の10年前の時もそうでしたが、私も結構スピード出して下っているのですが、どんどん抜かれます。外国人(ここでは私が外国人か?・・・笑)の方、皆さん凄い速度です。女性の方もビュンビュン飛ばして下って行きます。


下りの途中に最初のエイドステーションがあり休憩。エタップのエイドステーションと言えば前回の記憶ではいわゆる“腹の足し”になるような食べ物がほとんど無かった記憶しかないのですが、今回のエイドステーションは違ってました。パン、クッキーの他に様々な食べ物が用意されていました。チーズ、バナナ、オレンジ、グミ?、アーモンドなどなど。でも結局食べたのはパンだけで後はここでも日本から持参の羊羹でした。。。笑
 

それと飲み物も用意されていて日本のエイドステーションではまず見ない炭酸水“ペリエ”があったので飲んでみましたが、普段炭酸水は飲みなれていないので正直?でした。。。笑
 食べる物は豊富にあったのですが、時間に余裕がないので早々に出発。残りの下り区間を爽快に下り、2つ目の峠、コロンビエール峠へと向かうのでした。。。