エタップ・デュ・ツール参戦記2016~コロンビエール峠~

エタップ・デュ・ツール参戦記2016~コロンビエール峠~


アラビス峠の下りを終えると、早々に2つ目の峠、コロンビエール峠への登りが始まります。この峠は1級山岳。約11.7km、平均斜度5.8%、標高で1618mまで登ります。


この峠は数字通り、特に前半はそれほどキツい登りではなく、登りながら前方の雄大なアルプルの山々を眺めながら、そして後方にはここまで登って来た道を眺めながらの快適ライドでした。
 

前方、後方とも大勢の人が登っており、16000人の凄さを実感。。。今回のエタップで一番気持ちよく走れた区間かも知れません。


ただ、この日の天候はまさに“ま~し~晴れ”時刻は昼前で晴天。朝から気温はどんどん上昇し、この時既に気温は35℃近くまで上昇していたのではないでしょうかね。
 

どんどん体力が奪われていきます。登り自体は大した斜度ではないものの、後半は少々暑さでバテ気味。


給水ポイントがあったので今度はストップしてボトルへ給水。粉末が置いてあったので“スポーツドリンクの粉末?”と思い2さじほどボトルに入れて水で溶いてみましたがお味は飲みなれた日本のスポーツドリンクのほうがやはり美味しいですね。(笑)口直しにコーラをコップ一杯飲み、コップ一杯の水を頭から被り再スタート。この水が気持ち良かった。。。


再スタート後、後半は少し斜度もキツくなったということもあり、ペースダウン。そして心配していた持病?の足攣りが・・・

再スタートすぐの中盤あたりで右太股、登りの終盤、峠の茶店?が左前方に見え始めた頃に左太股と相次いで痙攣。最初のエイドで飲んだ“ツーラン”の効果はあったのか?なかったのか。。。
 

峠の到着は制限時間の約1時間前。ここからは制限時間にも少し余裕があるので、この先トラブルさえなければ完走出来るかもと少し安心。攣った両太股をストレッチ。そして恒例の羊羹タイム。(笑)写真を撮って早々に再スタート。しばらくは快適な下りを楽しみます。
 

峠を下ったところでコース約半分の65km。2箇所目のエイドステーションがあります。ここでも羊羹とパン2枚。そしてバナナ、オレンジ。前回のハンガーノックの経験から今回は食べすぎ!と言われるくらい食べるつもりです。ついでにツーランも・・・

このエイドで少し前を先行していたやまさんと遭遇。やまさんも何とか完走は出来そうと安心した様子。ちょっとでも余裕を持ちたい私はやまさんに先に行くと告げて再スタート。ここから最後の超級山岳の登り口までは約30kmの平坦コース。(実際には少し登ってますが・・・)
 

両太股の攣りは平坦コースでも痙攣しまくりです。本来なら集団で走れば楽なコースですが、仕方なく単独走、時々集団列車に乗り痙攣したら強制離脱の繰り返し。途中列車に乗ってやって来たやまさんに追い抜かれそのまま見送り。途中の給水ポイントはペットボトル2杯分の水を頭から被る“水被りポイント”でした。
 
峠の登り口手前98km地点が最後のエイドステーション。あまりお腹も空いていませんがヤケクソで羊羹とパン、オレンジを口の中に突っ込む。ここでもやまさんと遭遇し、お互い“なんとか完走出来そうですね”と確認。エイド出口のミストシャワーのサービスで少し元気を取り戻し、そして最後の峠、超級山岳ジュ・プラーヌ峠へ。

l’Etape du Tourカテゴリの最新記事