近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

除雪

  • 2011年3月8日
  • 日常
  • 2人訪問ありがとうございます
  • 8件

伊吹山ヒルムライムのHPより

今年は、ニュースの報道でもあったように、日本海側を中心に山間部が豪雪となりました。ご多分に漏れず、伊吹山も2月中は麓の料金所まで雪に埋もれ、2m近くの積雪量となっていました。この豪雪に対して、早くも2/1から除雪を開始して頂くものの、途中の再びの積雪により阻まれ非常に困難な除雪となっています。また、雪の量も平成17年の大豪雪に勝とも劣らない程の量となっています。


しかし、1ヶ月経った3/1現在では、昨年のフィニッシュ地点である12kmを越えて、13.2km地点までの道路除雪が行われ、現在除雪最前線は13.4km地点に至っています。このまま順調に進めば、道路の除雪は3/16頃には終了し、山頂までの道筋が出来る模様です。

ただし、道路上の雪を除いただけなので、コース両側は雪の壁となっており、今後暖かくなるにつれ、雪崩等の危険も強まってくる恐れがあります。今後は、道路に設置された防護ネットや雪崩防止柵などの被害状況を調査して補修工事などを施すこととなり、開催日に間に合うかどうかは予断を許さない状態です。  


今年で4回目の開催となる伊吹山ですが、過去3回のうち2回は除雪の遅れにより、12kmの短縮コースでの開催でした。今年は近年稀にみる大雪だったので個人的にはショートに違いないと思っていますが、もしかしたら2年ぶりに山頂まで登れるかも知れませんね。

でも予断を許さない状態という事は結局12kmショートかな。。。

現在の道路状況はこんな感じ

昨年までこういったサービス無かったと思いますが、状況が良く分かって良いサービスですね。

日常最新記事4件