冬至の朝

冬至の朝


今日は冬至。いわゆる1年で一番昼間の時間が短い日ですね。以前記事にしたことあったと思いますが、私はこの冬至が好きですね。世間では一般的に“昼間が短い”“寒い冬”のイメージがありますが、逆に考えれば明日からは1日毎に昼間が長くなっていく訳ですからね。。。プラスで考えましょう!(普段はマイナスで考えることが多い私ですが・・・)

そんな冬至の朝、今朝も“だるま朝日”を見に行ってきました。今朝はいつもの小松海岸と違って大神子(おおみこ)海岸です。県南の工場へ行くので早めに自宅を出て途中?にある大神子海岸へちょっと寄り道です。

やはり大神子海岸にも、デジイチ片手に6~8名ほどの見物人がいました。

さて、今日の“だるま朝日”ですが、コンデジ片手に海岸まで歩いて行くと、日の出の方向に何やら島みたいなのが・・・

浮島現象?と思いきや、何と潜水艦でした。しかも甲板(潜水艦もこの言い方で良い?)の上には人の姿も数名見えます。我々と同じで“だるま朝日”を拝んでいるのでしょうかね。

いつものように写真はイマイチですが、潜水艦とだるま朝日の珍しいツーショットでした。

雑記カテゴリの最新記事