いにしえの都に咲く桜

いにしえの都に咲く桜


幸いにも終日フリーとなった今日、いつものように“思い立ったら吉日”でいにしえの都の“又兵衛桜”へ。2016年続き2度目。前回も感動でしたが、今回は快晴、満開で大満足でした。元々は先週予定していた県外ツーリング。(先週も高知への県外ツーリングでしたが・・・)醍醐桜か又兵衛桜かで悩んで又兵衛桜へ。

前回2016年の時は宇陀周辺の桜を見るために又兵衛桜すぐ傍の道の駅でデポしましたが、今回は又兵衛桜から吉野へ回る予定なので、ゴンさん、やまさんが以前デポして橿原市の運動公園の駐車場にデポ。
 

まずは又兵衛桜を目指します。20kmくらいでしたが、途中の忍阪(おっさか)で早々にヘロヘロ。更に近道と思った道がアップダウンの連続で完璧にへばった頃にやっと到着。


前回2016年は7時で既に駐車場満車でしたが、今日は8時過ぎ。当然満車で手前から渋滞。(こんな時は自転車に限りますね。)
 

“又兵衛桜”、大坂の陣で活躍した戦国武将 後藤又兵衛の屋敷跡に咲く桜。樹齢は約300年。前回は少し散っていましたが、今回は見事に満開。しかも少し黄砂の影響で霞んでますが、雲ひとつない快晴。
 

大きな幹からは無数の枝垂れ。そしてその枝垂れた枝には淡いピンク色の小さな花が無数に咲いてます。2度目ですが、やっぱり感動ですね。
 

枝の下まで行って見上げるとその迫力がさらに良く分かります。又兵衛を囲うように菜の花や濃いピンクの花桃も見事です。


満開の又兵衛桜を見れただけでもう満足なのですが、次に吉野の桜を見に行ってみることにしました。宇陀からはR370を走りますが、下り基調で気持ちよく、道沿いの満開の桜を眺めながら快走。途中には水道橋も・・・


“吉野の桜”昨日コースを考えたものですから、全く予備知識なし。ただ“吉野の桜”といえば超有名な桜としか知りません。

近鉄の吉野駅には大勢の人。ここからケーブルカー、シャトルバスが出ているそうです。凄い人で少々ビックリ。警備員の方に確認して吉野山への道を登っていきます。そんな激坂はなかったものの思っていたより距離が長く少々へばってきた頃に中千本の駐車場へ到着。桜は?とキョロキョロするもまだ先のようです。しかしここからが凄かった。


少し下ってトンネルを潜ると大渋滞。一方通行らしく警備員の方に“自転車は?”と聞くと“自転車もダメ。押してください”とのこと。もっとも凄い人で自転車乗れませんが・・・

自転車押してウロウロしてみるものの桜はまだ5分咲程度?ヤマザクラということで染井吉野より少し遅めなのでしょうか。。。桜よりも人の多さにうんざりして早々に下ることにしたのですが、予定していたルートは一歩通行で行けず。結局自転車押して歩行者と一緒に吉野の駅まで下ることになってしまいメチャ疲れました。。。


やはり思いつきで無計画はダメですね。。。吉野の桜、満開なら山肌がピンクに染まるのでしょうが、来週くらい?けどここは自転車では来ないほうが良いですね。


ここからは再びR370~R169でデポ地へ。途中、これから吉野へ向かう観光バスで大渋滞。20台近くは渋滞していたと思います。(徳島の観光バスも数台みました。。。)


吉野の桜は思っていたイメージと少し違ってましたが又兵衛はやはり何回みても最高です。また来年も行きたくなりました。

ツーリングカテゴリの最新記事