近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

君と歩いた青春

  • 2012年9月5日
  • 雑記
  • 1人訪問ありがとうございます
  • 10件

すみません、個人的な感傷記事です。

昨日職場にメールが届く。


入社2年目の昭和62年、ある機械を開発するプロジェクトを手伝う事になりました。まだまだ半人前の頃の事です。言われるがままに仕事をしていたと思います。

翌年の暮、機械は完成し某食品工場へ出荷。一応完成はして出荷したものの、試運転では開発機という事もあってトラブル続き。試行錯誤の連続。上手くいかず残業、残業の日々。

徹夜作業も数回。昭和最後の日と平成最初の日をこの機械と共に過ごしたのは今でもはっきりと憶えてます。3ヶ月連続で150時間を越える残業なんて事も・・・今じゃ信じられませんがね。

それから今日まで24年間付き合う事に。。。今でも色々な思い出が走馬灯のように思い出されます。当時20代前半だった私も40代後半。青春と呼べる世代じゃないですが、この機械と共に過ごした青春でした。

トラブル続きだった開発当初ですが、気が付けば24年の年月。機械の老朽化に伴い、24年間の稼働を先月末で終えた事を知らせるメールが届いたのは昨日の事でした。

この24年間はまさに君と歩いた青春でした。

今後は解体してスクラップとして処分されるとの事ですが、最後にもう一度会いたいですね。

雑記最新記事4件