うどん【京叮(きょうてい)】

うどん【京叮(きょうてい)】


昨日は県南の工場へ昼から入る予定でしたので、昼前に本社を出発して一路南へ。こういう時のお楽しみは昼食を何処で食べるかですよね。私の場合、当然選択肢はラーメンかうどん。

今回は先月行った羽ノ浦のうどん屋“まるお”の方が修行したというお店“京叮(きょうてい)”へ行ってみることに。。。場所は小松島市内の住宅街にあります。分かりにくそうで意外と分かりやすかったです。(笑)


お店の雰囲気は木目調で落ち着いた感じです。セルフではなく一般店。お店の中には貞光の有名店“のぶ”から寄贈された「大入」の額縁が飾ってあり、後で調べたら、ここのお店の方は“のぶ”で修行されたみたいです。

“のぶ”“京叮”“まるお”
 
うどんつながり。。。面白いですね。注文したのは温ぶっかけ。 出汁が別になっており、自分で好みの量だけかけれるのが良いですね。麺はコシのある太麺。やはり“のぶ”、“まるお”と良く似た感じですが、私的にはちょっと違うかな。。。“まるお”のほうがもうちょっとツヤがあったような気がします。でも美味しい麺です。

雑記カテゴリの最新記事