近況:新緑の季節を迎え、良い季節ですね。のんびりぼちぼちと走ってます。

2008春 淡路島ツーリングレポ③

  • 2008年4月2日
  • ツーリング
  • 1人訪問ありがとうございます
  • 12件

雨の中を走る9名の変な集団(笑)変な集団の先頭は当然るみちゃんです。“雨やし、路面濡れているし、寒いし、るみちゃんもそんなにスピード出さないやろうな~”と思いながら集団の真ん中くらいで走ります。私の気持ちを察してか30~33km/hくらいのまずまずのペースで走ってくれてます。

が、段々とペースが上がってきてます。先頭を見てみると、るみちゃんからまるさんに代わっていたようで、どんどんとペースは上がり38km/hで巡航。路面が濡れているのでマンホールとかの上を通ると滑りそうでメチャ怖状態。

途中まるさんからテツさんの奥さんに代わってもペースはそれほど落ちません。またまるさんも負けじ?と先頭に出たりしてほとんどお二人が先頭を牽いてました。無賃乗車、他力本願が大好きな私は“ちょっとぺース速いけど、今日は先頭牽かんでもよさそうやな。。。ラッキー!”って感じでした。(笑)

そんなこんなで郡家方面への交差点が近づいて来たけどペースは落ちないどころか、そのままノンストップで洲本まで行ってしまいそうな勢いだったのでるみちゃんに“もうすぐ郡家への分岐だけど。。。”と叫ぶ。交差点にあるコンビニで小休止。


お決まりの自転車品評会

ここからは小さなアップダウンを経て西海岸の郡家へ向かいます。アップダウンもフツーに走って行く今回のメンバー達です。必死ですよ、私は。。。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

郡家からは再び海岸線のフラットコース。ここでもテツさんの奥さん、まるさんが先頭を交代しながら走ります。時々、るみちゃんとseedさんが先頭へ。私はず~と中盤で楽させて頂きました。(笑)例によってあっという間に花さじきの登り口に到着。“ちょっと休憩しましょうか?”と言おうと思ったら、信号が青になり、まるさん、テツさん夫婦が信号を渡ります。“えっ休まないの?”と思いましたが。。。

そして、ここからが凄かった、花さじきヒルクライム。るみちゃん、まるさん、テツさん夫婦、たつおさんとトップクラスのヒルクライマー達。最初の激坂もグイグイと登って行きます。特に凄かったのがテツさんの奥さんです。速いのは知っていましたが、あれほど速いとは。。。大川原登ったら軽く50分切るのではないでしょうか。

速い方達を見送った私はseedさんと最後まで話しながら、ゆっくりと登りました。(実は必死だったりして)


いつもならソフトを食べたり、花の写真を撮ったりする花さじきですが、あまりの寒さに急ぎ“道の駅あわじ”へ帰ることにして下ります。この下りでここまで何とか無事だったシューズがビショ濡れになりメチャ寒いです。手足の感覚がほとんどありません。下りながら“お深いしまなみ”の雨中の激走を思い出しましたよ。

濡れて冷え切った体を温めるべく、片付けも適当に急ぎ近くの温泉施設へ。実に気持ち良かったです。露天風呂で皆さんとゆっくりお話も出来たし、今回の淡路ツーリングで一番楽しい一時でしたね。

今回の淡路ツーリング最後はるみちゃんが、美味しい穴子の蒲焼のお店に連れて行ってくれました。(もちろん車で)


本業はお魚屋さんみたいですが、近くの漁港で獲れた穴子をその場で焼いてくれて食べさせてくれます。もっとも屋根もイス、テーブルもないので立ち食いですがね。量り売りらしいですが、大体1匹(1本)¥300くらいです。安いし何より当然美味しいです。


お魚屋さんなので美味しそうなイカもあり、頼めばお刺身に下ろしてくれそうでしたが、穴子だけでもビールが欲しくてたまらなかったのに、これにイカ刺しとなれば完全にビールを買いに行ってしまいそうだったので我慢、我慢。美味しい穴子を食べたところで今回の淡路ツーリングは終了です。

お天気に恵まれずちょっと残念でしたが、普段は会えない遠方の方とお会い出来たし楽しい1日でした。でも次回はやはり青空の下で走りたいですよ!るみちゃん。。。(笑)

ツーリング最新記事4件