しまなみ&うどんサイクリングレポ~その②~

しまなみ&うどんサイクリングレポ~その②~

「しまなみ&うどんサイクリングレポ」続きです。

多々羅大橋を渡り、大三島に戻ってきました。ここで門田さんと山鳥の方とはお別れです。ここから大漁へ向かいますが、サポートカーの勝氏が横を追い抜いて行ったのを合図?にtadahisaさんがサポートカーについて行きます。サポートカーがぺースカーに変更です。他に続く者は?私?いえいえ、決して無理はしません。(笑)でも確かキャノさんが付いて行ったような・・・キャノさん、この後登りが待っているのに大丈夫?

結局キャノさんも途中で追うのをやめ、tadahisaさんが一人で逃げって行きました。(笑)

大漁へ向かう峠への登りで、daddyさん、seedさん、fcsalさん達と登っていたと思うのですが、最後私だけが切れてしまいショック。まぁ、うどん食べた後だから仕方ないですね、ってまだうどん食べてませんでした。ということは実力?(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

1年振りの大漁です。昨年と同じく海鮮丼を注文。(正確にいうとtadahisaさんが注文してくれてました。)


待っている間、お腹が空いていたので、かんぱちのお刺身となまこを頂きました。酒の肴ですね。(笑)


海鮮丼です。

食事が終わってこのまま今治に向かったのでは余りにも早く着いてしまうということで、昨年のお深いで予定していた大山祇神社(宝物館)を見学することに。。。15年ほど前に一度来たことがあるのですが、全国の国宝・重要文化財の指定を受けた武具類の8割がこの大山祇神社に保存されているそうです。義経、弁慶などなど超有名人が寄贈・奉納したりしているそうです。

境内には綺麗な紅葉が。。。

しかし似合いませんね、この雰囲気とこの集団。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

しかも「館内はお静かに」と書いてあるのに皆大声でワイワイガヤガヤ。けど滅多に見れないものばかりで見学して良かったと思います。見学が終わって再出発が午後3時30分。ちょうど良い時間です。tadahisaさんの“ここからはノンストップで行きます”の掛け声で一路今治へ!

大島の小さな登りで切れかけた志保お嬢さんを守るべく、キャノさん、SAWAQさんと3人で護衛(押し係りとも言う)隊に。その頃先頭では高速ローテやら、千切りあいが行なわれていたみたいですね。

海岸線に出て来島海峡大橋が見えてきた頃はちょうど日の入り前で夕陽に映える橋が綺麗だったので写真に撮って見ました。


橋の登り口付近では先頭集団も待っていてくれたみたいで全員で来島海峡を渡りますが、これが今回のしまなみサイクリングで一番辛かったです。風が中途半端な風じゃなかったです。横風のため車体が斜めになりながら速度は20km/h以下。しかもメチャ寒です。一番の思い出になりました。

そんな強風の中、死ぬ気の片手走行で撮った写真がこれです。

午後5時、しまなみサイクリングは無事終了です。サンライズ糸山にチェックインしてお風呂でサッパリして山鳥での宴会に備えます。


待ちに待った山鳥での宴会は途中からぐちさんも参加し、いつものように盛り上がり、サイコーでした。門田さんとぐちさんのタンデム談義は最高におもしろかったです。また“内緒の遊び”もあり、サンライズ糸山の門限が無ければ朝まで続いていたかもしれませんね。

1次会での盛り上がり疲れか、部屋に帰ってからの2次会は次々と皆ダウンしていき(私も)、最後に残ったのはdaddyさん、ぐちさん、志保さん、ケンタロウ君だったかな。

こうして楽しい「しまなみサイクリング」は無事終了。明日のうどんを楽しみにしながら眠りました。

「うどんサイクリング」編へ続く。

ツーリングカテゴリの最新記事