荘内半島・紫雲出山サイクリングレポ

荘内半島・紫雲出山サイクリングレポ

それではお花見サイクリングレポでも・・・


朝、7時45分にSKBCの基地に集合。(聞こえは良いが職場の駐車場)4名で出発。途中、津田の松原SAでケン部長一行と合流。(今回大阪から2名来られてます。)高速を降りてコンビニでトイレ休憩しているとモダンちゃんから電話があり、もう皆集合しているとのこと。慌てて出発。(いつもながら時間にルーズなSKBCです。)

集合場所の「道の駅 みの」に到着してみると思っていた以上に大勢の参加者にビックリ!参加者の中には懐かしい顔も。。。約2年ぶりのフロントトリプルさん、1年半ぶりのまこりさん、そして淡路以来のお久しぶりtadahisaさん。(笑)後池田の青年ことS川君(なんと池田から猪ノ鼻越えでやってきたそうです。)

簡単な挨拶、自己紹介のあと出発。今回はサイクリングですので20km/h厳守? また地元のフロントトリプルさん、tadahisaさんが先導係りを引き受けてくれました。お世話になりました。
コースは詫間を経由して半島西側の海岸線へ。半島を右周りで回ることになります。一行は途中小さなアップダウンがあるためバラバラになりますが、誰もアタックすることなく、紫雲出山の登山口へ。私はのんびりと途中景色の良い箇所では止まって写真を撮りながら走ります。やまさん、tadahisaさんの話だとお花見シーズンということもあって普段の数倍の交通量だそうです。確かに紫雲出山へ登る車は後を絶たない感じでどんどん登って行ってました。

紫雲出山の登りは今回唯一のフリー走行区間。とりあえずゆっくりと登り始めますが、途中tadahisaさんが疾風の如く横を通り過ぎて行き、しおんさんもきっちり付いて行きます。これは行かなアカンということで2人について行きます。しばらくは付き位置で良い感じでしたが、やはり無理? しおんさんは何とかかわしましたが、tadahisaさんはどんどん遠のいて行きます。結局あべさん、S川君、リョウさんにも置いて行かれ、最後は頂上の駐車場へ行く車の渋滞に引っ掛かり減速。

渋滞が無かったら、tadahisaさん、S川君に追い付けたのになぁ~と負け惜しみ。。。(=⌒▽⌒=) ニャハハハ♪

頂上では30分の自由時間(なんか遠足みたいですね。)写真を撮ったり、たこ焼き食べたりしながら皆とおしゃべりしてました。桜と瀬戸内海の風景が見事でしたが、やや春霞だったのが少し残念でしたね。

紫雲出山の桜とtadahisaさん

楽しく談笑中

下山後帰りはそのまま半島をぐるりと回って集合場所の「道の駅 みの」へ。帰りはtadahisaさん、ちょっとペースアップしてましたが、それでも25km/h~28km/hくらいのサイクリングペース。お天気も良くてサイコーに気持ち良かったです。

道の駅に帰ってきたのが午後4時前。約50kmの距離を5時間近く掛かってます。良い感じのサイクリングでした。

お疲れさま!解散!かと思いきや、やはりオプションがあるそうです。時間の関係ですぐ近くにある大麻山(標高615m)へ登りに行くとのこと。参加したかったので帰りの車の都合だけ確認するとやまさんの車に乗れるそうなので参加することにしました。オプション参加者はやまさん、Kさん、tadahisaさん、しおんさん、私の5名。

大麻山は当然初めてなので距離も傾斜もわかりません。(こういう時って登っていても結構ツライですね。)最初は5人で登ってましたが、やはりやまさん、Kさん、tadahisaさんが先行。私はしおんさんと軽く会話しながら自分のペースで登ってました。途中しおんさんが珍しく遅れ気味。そのまま1人で3人が待つゲート前へ。(車の通行を規制するゲート?)ゲートの横をくぐり最後1kmくらいはまた5人でゆっくりと登ってましたが、最後の最後に凄い激坂が待ってました。事前にtadahisaさんから聞いていたのですが、20%はあるような凄い坂です。もっとも距離は100m~150mくらいですけどね。最後の力を振り絞ってダンシングで登って行きますが、止まる一歩手前といった感じのスピードです。メーター見る余裕無かったですが4km/hですかね。

でも苦しい後にはこんな素晴らしい景色が待ってました。(夕方しかもちょっと春霞ですが・・・)

讃岐平野が一望出来ます。
前半50kmは実に楽しいサイクリング、後半35kmは実に苦しいサイクリングでした。

ツーリングカテゴリの最新記事