愛媛センチュリーレポ

愛媛センチュリーレポ

今年も恒例“愛媛センチュリー”に参加してきました。


愛媛には知合いのブロガーも多く、また景色、難度とも素晴らしいコースなのでお気に入りの大会です。昨年は一人での参加でしたが、今年は4名で参加です。160kmにmaruさん、104さん、私、80kmにキャノンデールさんが参加です。朝4時前にmaruさん指定の某所に集合し、徳島道~松山道を経由し、6時に会場の伊予市のしおさい公園に到着。

受付・車検が7時からなのでゆっくりと朝食を食べながら準備します。靴、ヘルメット、グローブ。。。あっ!ボトルがありません。ショック!


仕方なくペットボトルのまま参加?

完全に意気消沈、テンション激↓。サイクリング決定です。途中でソフト食うぞ!、ラーメン食うぞ!じゃこ天食うぞ!グルメライドで8時間制限時間いっぱいで走ろうかな。。。などなど。
ショック癒えぬまま受付へ。ぼ~~っとして順番を待っていると、104さんが“ま~し~さん、ボトル!!”えっ? 受付のほうを見てみると何と参加賞にボトルを配っているじゃないですか!

いつもなら“またボトル。。。いっぱいあるからいらんのになぁ~”などと思うのですが、今日ばかりは金色に輝く黄金のボトルに見えましたよ。(笑)まだまだ悪運の強いま~し~です。

出発前までの一時、NORIさん、トレマドさん、nakajiさん、検査の鬼さん、山口から参戦fuk@さんなどなどお知り合いの方々にご挨拶。

さて走りですが、5人一組でスタートし、私は第2組のスタート。

第1組がスタートして1分後、いよいよスタートです。国道に出るまではゆっくりペースです。ここでジワジワと第2組の先頭に出ます。国道に出てからすぐに登り(三秋峠)が始まりますが、ここで前を行く第1組の5名を捕らえ先頭へ。峠を下り、夕焼け小焼けラインの平坦区間へ。ここで後ろを振り返ると、誰もまだ峠を下って来ません。

“ちょっと逃げてみる?”そんな思いが頭をよぎり、今回の秘密兵器DHバーの出番です。ここからはDHバーを握り“逃げ”が始まります。どうせNORIさん達の超特急列車がやってくるだろうと思うのでそれまで逃げれるだけ逃げてみます。

双海の道の駅を過ぎ約10km。後ろは全く見えません。“ハーフの折り返しくらいまで逃げれる?”などと思いながら必死に逃げます。途中ウェスタンの2号さん(残念ながら先週の怪我でDNS)の応援を受けながら快適に逃げます。20kmを過ぎ、後続は全く見えません。“長浜までは逃げれそうやな。。。もしかしたらマジでハーフ折り返しまで逃げれるかも。。。”

が、やはり無理でした。(当然か。。。笑)

長浜を目前にした23kmで後ろからやってきた3人組の列車に追いつかれました。(ジャージは3人バラバラでした。)多分NORIさんがやって来ると思ってましたので意外でしたが、とりあえずこの列車の最後尾に乗車です。3人が長めの牽きでローテーションです。私はローテに加わらずしばらくはコバンザメ走法。

ハーフの折り返しを過ぎ登り区間の始まり。2本めのトンネルを過ぎたあたりだったでしょうか?またまた2号さんが応援してくれていて、しかもバナナの差し入れ。(ありがとうございました。絶妙のタイミングでした。)

保内の交差点を過ぎメロディーラインへ。最初の登りで3人組のお一人が切れ、私を含め3名に。が、私も前半の飛ばし過ぎ?の影響かややペースダウン。先頭の二人との差がジリジリと広がります。伊方原発横の道の駅を過ぎる頃には完全に切れてしまいました。

伊方の道の駅を過ぎればアップダウンの繰り返しです。完全に切れた私は一人で走っていると、第2列車がやってきました。今度の列車にはNORIさんも乗車してます。当然最後尾にまたまた付きます。集団効果のお陰で一気にペースが上がりあっという間に前を行く2人に追いつき吸収。

しばらくは7人列車で走りますが、最初に連結から切り離されたのは私でした。(悲)結局切り離されたまま、折り返しへ。

エイドステーションの素朴さでは有名な?愛媛センチュリーですが、今年はウエスタンの方が準備されたメンバー専用のエイドステーションにお世話になりました。(今回は本当に大変お世話になりました。)


ウエスタン バンザイ!

ここまでの所用時間が約2時間25分くらいです。復路もこのペースだと5時間切りです。希望を胸に復路出発ですが、楽しかったのはやはり往路だけでした。脚は既に終わっており、ピクピクと攣りかけ寸前。ほとんど一人旅です。時々速い列車が追い抜いていくので昨年のように乗ろうとしますが、直ぐに脚がピクピクと悲鳴を上げそうになるので下車。

夕焼け小焼けラインに戻ってくると雨が降ってくるし、完全にのんびりペースで走ります。途中トレマドさんが牽く列車(fuk@さん、検査の鬼さんも乗車)がやってきますが乗る気力もなし。脚の様子を見ながらの辛い復路でした。終わってみれば昨年より16分遅れの5時間28分でした。80kmのキャノンデールさんは当然、先にゴール。104さん、maruさんも順次ゴールし、4名無事完走です。

今回は2号さんをはじめウエスタンの皆さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

来年も絶対参加します。またセンチュリー以外でも愛媛に遊びに行きますね。

今回何故かサイコンが復路の途中で止まってしまいました。表示が全て固まったまま動かなくなりました。という訳でデーターはなしです。

ツーリングカテゴリの最新記事