スポレク祭レポ②

スポレク祭レポ②

それではスポレク祭レポの続きです。

昨年のセントラは1分27秒78。今年は密かに1分25秒を狙ってました。(今から思えばもの凄く無謀なことでした。)戦法はショップのオーナーに前もって聞いていました。最初の200mはダンシングでMAXスピードまで上げ、後は回転(ケイデンス)でMAXスピードを維持。簡単なことです。。。そのとおり実行出来ればですが。。。

名前が呼ばれスタート地点へ。普段のレースと違い係りのおじさんがサドルを持ってくれているので両足ともクリートをセットした状態でスタート出来ます。けど準備をしているとクリートが入らず、係りのおじさんに「焦らなくていいよ」って言われてしまいました。カッコ悪かったです。(笑)

ピストルの号砲でスタート。この瞬間さっきの戦法はすっかり忘れてしまいました。一応ダンシングで加速していったものの100mほど(コーナーに差し掛かった頃)で座ってしまたような気がします。速度は46~48くらいだったかと。(雨でメーターが良く見えませんでした。)回転で走るということは憶えていたので、ギヤを上げすぎず50-17。

200mを通過し、再びコーナーへ入ったところで妙に車体がブレて走行ラインを外れてしまいます。直線では持ち直すもののコーナーではどうもブレが出てしまいます。単にバンクコーナーの走り方に慣れてないだけなのでしょうか?コーナーで結構タイムロスしたような感じでした。更に1周回が終わる頃には当然のように回転も落ちてきて40km/hを切ってしまいます。“あちゃ~アカン”けどもう乳酸溜まりまくりでもうあきません。走りながら思ってました。“これは情けないタイムが出るなぁ~”ラスト100mなんてもうやめようかと思ったくらい脚が回りませんでした。結果は1分31秒73。これでも思っていたよりは良かったです。

コーナー部でのタイムロスは昨年もあったし、雨のほうがタイムは良いという噂もありますし、要は気合が足りなかった?

2000m個人追抜きでの走り。上体起きてるし、下ハン持ってないし。。。ダメダメですね。

途中、○ーマンさんのサンドイッチ休憩の後、今度は2000m個人追抜きです。セントラのショックから立ち直れないままの状態での出走です。相手の方は全く知らない方です。先程サドルを持って頂いたおじさんが今回も私の担当でした。スタート前に後ろから“○○さん、相手の××さんよりあんたのほうが速いから追抜く時気を付けてよ!」と話掛けられ、とりあえず「無理!無理!追抜くなんて無理です!」と返事。おじさんのお蔭でややモチベーションが上がって来ました。

スタートはセントラと同じくダンシングで加速し、同じく50-17。ペースはやや抑え目。スピードがやや抑え目のためかコーナーでのブレはないです。1周が終わり相手の方を横目で見るとほとんど同じです。“おじさんの嘘つき!”と思いながら2周回へ。3周回。4周回と順調にへたりながらペースダウン。自分ではまずまずのペースで走っていると思っていたのですが、タイムだけを見ればセントラ以上にひどいタイムでしたね。

セントラの惨敗を引きずっていたのでしょうかね。3分15秒60。3年前にフラットバーロードで走った時よりも遅いタイムです。情けない!

けどこのままでは終わりませんよ!来年は絶対リベンジです。(果たして1年後まで覚えているか?この悔しさ。)

レースカテゴリの最新記事