近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

いつもと違う夏の終わり~信州半日ツーリング~

  • 2017年8月29日
  • ツーリング
  • 12人訪問ありがとうございます
  • 8件


せっかく長野まで行くのですから、乗鞍だけではもったいないと思い金曜深夜に出発して土曜日も半日くらいのツーリングを計画。ただ乗鞍参加決定が週末直前だったため、ツーリングコースを決める余裕もなし。
 
そんな時は“困った時のやまさん頼り”。やまさんのHP、ブログをチェックしたら、ちょうどやまさんが以前走った光城山・長峰山のコースが松本から近くお手頃なのでそのままトレースして走ることにしました。(もっとも帰りは時間の関係で最短距離のR19を走りましたが・・・)

途中PAで車中泊後、松本到着が午前9時過ぎ。岐阜あたりまでは雨が降っていたのですが、松本到着の頃には雨も上がり晴れ間も見え始めてました。デポ地を適当に探し、松本市郊外?(安曇野市?)の運動公園にデポ。
 
光城山・長峰山はどちらも標高900m越え。“おいおいレース前日に900mの山2つは登りすぎやろ!”と思われるでしょうが、松本が既に標高600m、そして光城山~長峰山間はほとんど高低差なし。まっ、眉山庄町か大阪峠を1本登るようなものですね。(笑)
 

デポ地をスタートして光城山への登り口へ向かって走っていると、“アルプス公園”の標識。名前から判断して絶景が拝める?と思いちょっと寄り道。当然登り。。。
 
結局ここでも900m付近まで登りましたが、道を間違ったか、案内標識を見落としたか、公園には辿り着けず。やっぱり予習なしなので仕方なし。予定していたコースへ戻るため木陰の中を一旦下ります。この下りがメチャクチャ涼しく快適。風が実に爽やか。週末は全国的に湿度低めで“秋”だったようですが、徳島の暑さからすれば天国のような涼しさ。
 

光城山への登り。標識では4.5km。こちらも木陰の中の登り。さすがに登りは暑いですが、汗がポタポタと落ちるようなこともなく、何より時折吹く風が涼しくホント爽やかな気分にさせてくれます。
 
光城山山頂へ向かう峠に到着。峠自体は展望はなく、案内看板と頂上へ向かう遊歩道があるのみ。2人ほど山頂へ向けて遊歩道を歩いて行かれましたので自転車押しながら後を付いて行ってみましたが、途中から階段になったので頂上はあきらめ引き返す。
 
ここから長峰山までは2kmほど。ほとんどアップダウンなし。最低限の予習をやまさんのHPでしてきたので、ここからの展望が素晴らしいのは分かってましたが・・・
 
展望台に登り目に飛び込んできた風景が26日にアップした写真。思わず“凄い!”と声が出るほど。標高差300mほどですが、それでも松本、安曇野市内が一望出来、遠くに北アルプスが連なってます。良い景色ですね。
 

案内板によると、左の三角形の雲の奥に頭が見えているのが常念岳。(写真左)


右側に連なる山々が白馬連峰だそうです。少し雲が邪魔ですが、それでも中々見事な風景ですね。(写真左)


展望広場では幼児を連れたご夫婦。老夫婦。若いカップルの3組ほどが先着でいましたが、皆さんベンチに座ってお弁当食べてました。この景色見ながら食べるお弁当は最高に美味しいでしょうね。ビールも美味しいだろうなぁ~。1時間でも2時間でもこのままでいたい気分でしたが、受付の時間もあるので、仕方なく下山。

帰りはR19で一気にデポ地まで戻る。

ツーリング最新記事4件