近況:しばらくはゆっくりと走れない日々が続きそうです

念願叶い、賀名生(あのう)の郷へ②

  • 2014年3月26日
  • ツーリング
  • 2人訪問ありがとうございます
  • 6件


賀名生(あのう)梅林は想像していたのとは違っていて、山の斜面一面に梅が覆い尽くしてます。


一周5.5kmの周回コースになっており、基本的には一方通行。車くらいは規制したほうが良いと思うのですが、規制はしてないので車で梅見している人もいましたが・・・

5.5kmの周回コースで標高差が約200m。最初から激坂です。梅が無ければあまり走りたくない坂ですね。(笑)


リュックに入れて持ってきたデジイチを取り出し、ちょっと走っては写真を撮るといった繰り返しでゆっくりと梅見。

ここで先に梅林に来ていたるみちゃんのチームメイトのyacyuさんと合流し、帰りは5名で帰ります。帰りは橋本までは往路と同じコースを戻り、紀見峠ではなく、鍋谷峠越えで帰ることに。。。


この鍋谷峠、るみちゃんをはじめ多くの方が練習コースで走っており、興味があったので走れて良かったですね。標高670mの鍋谷峠、麓からは約10kmですが、本格的に登り出すのは後半の7km。特に最後の2,3kmは10%越えもあったりでキツかったです。

最初は一緒だったものの、るみちゃん、横やんさん、やまさんのお三方はどんどん先へ行き、背中も見えなくなります。完全にヘロヘロになりながら峠へ。


峠からデポ地の道の駅までは7,8kmですが、途中るみちゃんが毎年写真をアップしているしだれ桜へ案内してくれました。残念ながら1,2分咲き程度でしたが、こちらもまた梅に負けず劣らず立派な桜でした。さすがに梅と桜の両方満開というのは無茶な話ですね。

今回、念願叶って訪れる事が出来た賀名生梅林、思っていた以上に素晴らしく、天気にも恵まれ楽しい1日を過ごす事が出来ました。るみちゃん、案内ありがとうございました。来年もまた行きたいなぁ~

ツーリング最新記事4件