近況:秋から冬へと向かってますが、紅葉狩り、うどん、お遍路とぼちぼち乗ってます。

大惣林道

  • 2022年9月25日
  • ツーリング
  • 57人訪問ありがとうございます
  • 4件

私の予定も終日フリー、天候もバッチリ!久々にゆっくりと走りに行く予定でしたが・・・

せっかくの終日フリー、日頃走らない道を走ろうと思い、昨年やまさんが走っていた大惣林道を走ってきました。もっとも石堂神社方面への山歩きはなしです。一応貞光デポで右回りで半田に降りて来る予定ですが、ちょっと物足りないかなと思い、穴吹からr255経由で行ってみることにしました。更にr255は少しアレンジしてみました。

貞光の河川敷をスタートしてR192を走り穴吹。自宅を出る時には市内は良い天気でしたが、鴨島を過ぎた辺りから陽が陰り曇り空。もっとも雨の心配は全くなさそうです。でも展望は思ったほど良くないかも知れませんね。


穴吹からはr492で穴吹川に沿って登って行きます。穴吹川は先日の台風の影響か流れが急でいつもの透明度は全くありません。


穴吹から約7kmでr255へ左折。r255を少しだけ走り“口山117号線”で支納方面へ分岐。更に分岐を淵名方面へ。

この道が激坂、落葉・落石多数、おまけに苔生しているのでダンシングだと後輪がスリップしまくり。この道を選択したことを少し後悔しながら登っていると写真ような状態。どこにも通行止めの案内なかったし、先日の台風で折れたのでしょうか。。。


さすがにこれでは通れないので引き返し。ただこのままr255まで戻るのでは面白味に欠けるので支納方面へ。少し走ると“林道支納梶山線”。そしてr255に合流。ここまで適当にアレンジしてみましたが、もう少し展望が良い場所があるのかと思ってましたが、ちょっと残念でした。

r255に合流してからはR438までは下り。途中“望郷の丘”で小休止。

R438で剣山方面へ。一宇でR438から分岐してr304方面。当然初めて走る道です。斜度は決して緩くはないのですが、キツくもなく、左を流れる片川を眺めながらのんびり走るにはちょうど良い斜度です。ただ中盤は少しキツくなり、後半(大惣林道)はまた緩くなる(一部下りもあり)といった感じで石堂神社への分岐。ここが林道のピーク地点です。


片川も先程の穴吹川同様に透明度はイマイチ。(もっともこの道走る初めてなので普段の状態知りませんが・・・笑)

やまさんはここから山歩きされてましたが、当方は今回はパスで半田方面に下ります。ここから半田までは約20km。そして下り初めて早々にトラブル発生。。。

続く

※トラブルと言っても落車とかじゃないし、怪我もしておりませんので・・・